ものづくりへの想いものづくりへの想い

名匠の技の発信基地、岐阜県関市。今なお受け継がれる鍛え抜かれた職人技。

古くは室町時代に刀鍛冶が移り住み、作刀をはじめた頃に遡る「関の刃物」の歴史。
「折れず、曲がらず、よく切れる」とその名を全国に広め、700有余年の間、日本の刀剣産業を支えてきました。刀鍛冶にはじまった関市の刃物産業。伝統と近代技術によってつくり出される製品は、現在、包丁・ハサミ・カミソリ・爪切り、そしてナイフなど多品目にわたります。いまでは世界に輸出される刃物産地として、そのブランド力が多方面から評価されています。

世界に誇る関の刃物 世界のブランドMADE IN SEKI

「世界三大刃物産地」として、ドイツのゾーリンゲン、イングランドのシェフィールドと並び評される日本の関市。歴史と伝統が支える技と品質によって、国内はもとより海外でも高い評価を受けています。世界のブランドとして発展するまでになった関市には、刃物をつくる上で重要な3つの条件が揃っています。1つ目は長良川の豊富な水源。2つ目は焼き入れをするための山炭。そして、3つ目は刃をつくる時に塗る赤土。産業が近代化した現在においても、水、山、土の豊かな自然環境が関の刃物産業を支えています。

関の刃物の歴史 名刃の精神を受け継ぐ、まさに秘伝の妙技。

関の刀剣は「折れず、曲がらず、よく切れる」と称され、戦国時代の代表的な刀工が兼元、兼定、兼房らであり、現代に多くの名品を残しています。なかでも、武田信玄や豊臣秀吉など多くの武将により重宝された名刀は、最もよく切れる最上大業物(さいじょうおおわざもの)として名声を獲得。息をのむ切れ味を生み出す技は、今もなお関に脈々と受け継がれ、日本一の刃物生産量を誇る「刃物のまち」と現在もその名を世界に知らしています。また、歴史ある「関伝日本刀鍛錬」は、現在も関市において刀匠がその技術と伝統を受け継ぎ守り続けています。

グリーンベルの企業理念とビジョン グローバルなビジョンで描く、グリーンベルのモノづくり。

私たちグリーンベルの商品開発は驚くほどシンプルです。社員である職人一人ひとりがお客様の視点で商品を捉え、アイデアを共有。自社への誇りとモノづくりへのこだわりを持って、日々取り組んでいます。確かな品質を適切な価格で提供することで、これからもより多くのお客様に良いモノをお届けできるよう、世界に誇る関ブランドを支えていきます。